観戦に知って役立つアブダビでF1グランプリの情報

F1とは国際自動車連盟が公認する世界最高峰の四輪自動車レースのことで、オーストラリアやアメリカ、アブダビや日本と国内外で年間にたくさんのレースが行われ、観戦を楽しみにしているファンも多いです。日本では三重県の鈴鹿サーキットや静岡県の富士スピードウェイで日本グランプリが開催されています。クルマが走っているのを観て何が面白いのかと疑問に思う人もいますが、ポイントを抑えてレースを観ると初心者でも楽しめます。まずはスタート地点が見どころでで、緊張が高まる瞬間であり、このスタートダッシュが速いか遅いかでもレースの流れが決まるのでとても重要です。また、2台のクルマが横並びになってタイヤとタイヤが接触する『ホイール・トゥ・ホイール』と呼ばれるせめぎ合いや、『オーバーテイク』と呼ばれる追い抜きなども迫力があるので見応えがあります。

アブダビで開催されるレースの特徴とは

F1は世界にあるサーキットで開催されていますが、日本人がなかなか観戦に行く機会が少ないアラブ首長国連邦のアブダビで行われるグランプリについて紹介していきます。アブダビにあるサーキットは、ヤス・マリーナ・サーキットといい、通常のサーキットと市街地コースが組み合わさったような特徴があります。18コーナーと19コーナーの間にはサーキット内に建設されているホテルの下を通過したり、通常ピットの入り口は進行方向の右側になっているが、ピットアウトするクルマはトンネルでコースの下をくぐって、コースの左側から戻っていったりとユニークなレイアウトになっているので、コースを見ているだけでも楽しめるでしょう。また、アブダビGPの開催時間帯は、まだ明るさが残る夕方からスタートして、レースの途中には日没を迎えるトワイライトレースになるということも特徴的です。

アブダビGP2018年の日程を確認しよう

各国で行われるF1のグランプリは、それぞれ日程やコースが予め決まっているので、観戦前に見ておくようにしましょう。アブダビGPの2018年のレースは、フリー1が11月23日の18時から、フリー2がフリー1と同日で22時から、フリー3のレースは11月24日の19時からで、同日の22時からは予選も開催されます。決勝は11月25日の22時10分から開始になっていて、どのレースも大体このように3日間連日行われることが多いです。レースでの見どころも多いですが、人気レーシングチームなど参戦する様々な自動車メーカーが技術力やブランドイメージの為につくったクルマも見ておきましょう。また、F1はエンジン、車体、タイヤにルールがあって、例えばタイヤだと路面が乾いている時にはドライタイヤ、濡れている時にはウエットタイヤを使用しなければならないといったことがあります。